視野が欠けていく病気

視力検査

目に関する病気の中で、白内障と緑内障を同じようなものだと考えている方もいますが、まったく異なるのできちんと分けて考えなければいけません。まず、白内障のほうですが、視界が白く濁って見えてしまう病気で、手術をすれば元に戻すことができます。そして、緑内障のほうは視野がどんどんと欠けていく病気で、現代の医学では手術をしても治ることはありません。これらの違いを知ると、緑内障になるといずれは失明してしまうと考える方もいるでしょう。しかし、視野が欠けていくスピードを遅くする治療方法があるため、寿命がくるまで失明をしなくて済む可能性は高いです。もしも、治療をしなければ、視野欠けが最後まで進行してしまうため、きちんと眼科で診てもらいましょう。

気がつきにくいので注意

緑内障の大きな特徴は、視野が欠けていても、それを脳が補完してしまうため初期の段階では気がつきにくいということです。見えていないのに見えていると錯覚してしまうため、少しでも見えづらさを感じたのなら眼科を訪れて診察を受けるとよいでしょう。とくに、40代から緑内障になりやすいといわれているので、40歳を過ぎたのなら、年に1回程度は眼科のあるクリニックや病院を訪れることをおすすめします。ちなみに、家族や親戚に緑内障の方がいると、発症しやすいといわれているので気をつけるようにしましょう。発症する確率が高かったとしても、できる限り速く治療すれば失明を防げる確率は高いので、過度に恐れる必要似ない病気だといえます。

治療は目薬からスタート

失明しないための緑内障の治療となると、大がかりな手術が行われるのだろうと考えるかもしれません。しかし、緑内障の治療はまったく大がかりなものではなく、一本の目薬を毎日さすところから始まる場合が多いです。ただ、夜に一回だけ目薬を使えばよいケースも多いので、本当に効果があるのか不安に感じてしまう方いるでしょう。緑内障で視野が欠けていくのをストップさせるためには、目の眼圧を下げることが大切です。それをとても簡単に実現してくれるのが、眼圧を下げるために開発された専門の目薬なのです。症状によって目薬をささなければいけない本数が変わるかもしれませんが、それぞれを目に一滴入れればよいだけなので、治療に苦労する方はいないでしょう。なお、目薬での眼圧の下がりが悪くなったときは、手術が必要になる可能性があります。もちろん、説明をしっかり受けたうえで手術を受けられるので、目の手術だからといって怖がる必要はありません。